八丈島(2017.12)

久しぶりの更新になります。今回は二泊三日で八丈島に行ってきました。 

f:id:Account709:20180117120208j:plain

八丈島へのアクセスは浜松町からの海路と羽田空港からの空路の二択となります。今回は往復ともに海路を利用しました。船は浜松町を22:30に出港し八丈島には翌8:50に到着します。黄色と緑色の船体が特徴的な橘丸は2014年に就航の新しい船で各船室にはコンセントも設置されており、二等船室のみ船室の定員8名に対して2つだけの設置ですが、特二等以上は一人に一つは確保されているのでコンセントの心配をする必要はありません。復路は八丈島9:10→浜松町19:50と昼行での航行となりますので、御蔵島や三宅島への着岸といったイベントはありますが時間の潰し方を考えてから乗船する必要があります。割高にはなりますが復路は空路を利用することも考えてみても良いと思います。

f:id:Account709:20180117120218j:plain

八丈島は東西の火山の間の僅かな平地に空港と主要な市街地が広がっており、島自体の面積も山手線内と同じくらいの大きさですので原付自転車での移動が便利です。原付のレンタル料金は軽自動車と大差ないのですが、やはり天井と窓がない分だけ発見は多いもので気が向くままに進んだり立ち止まることが出来ることが何よりも魅力です。なお八丈島黒潮の影響により「常春の島」と呼ばれるような温暖な気候ではありますが、やはり冬のバイクは寒いのでしっかりとした防寒対策が必要です。それに加えて天気が急激に変化するので併せて注意が必要です

f:id:Account709:20180117120222j:plain

八丈島は1606年に最初に宇喜多秀家が流刑に処されて以降、約1900人の流刑者が送られました。そもそも耕作できるような平地が少ないことに加えて火山灰地であるため、八丈島では常に五穀や野菜が不足しており、元々の島民ですらも常に飢饉の危機に晒される厳しい生活を送っていたようです。

御定書百箇条により罪状等で流刑地が定められており

  • 近流:大島・新島(主に軽犯罪者)
  • 中流:三宅島(主に破廉恥犯)
  • 遠流:八丈島(主に思想犯)

そのため八丈島は武士や僧侶が多かったことが特徴でした。島での生活は「当人渡世勝手次第」と呼ばれ、九尺二間の掘立小屋が与えられ島民に学問を教えたりするなど基本的には自由な生活を送りました。江戸の治安が悪化すると凶悪犯が流されてくる機会が増えたために島の治安も悪化することがあったようです。

1881年に全ての流人が赦免されるまでの約200年の間で25件の島抜け騒動がありましたが、成功したのは僅かに一件のみでした。八丈島島唄の一節にもある「鳥も通わぬ八丈島を越えよと越さぬ黒瀬川」と唄われる御蔵島八丈島の間を流れる7~13km/hの非常に速い黒瀬川と呼ばれる黒潮の流れが行く手を塞いでいたことが成功率の低さの原因のようです。

f:id:Account709:20180117120213j:plain

余談ですが以前の伊豆大島の際も紹介しましたが八丈島には株式会社みずほ銀行浜松町支店の八丈島特別出張所があります。

  • 伊豆大島:築地支店大島特別出張所(619)
  • 三宅島:東京中央支店三宅島出張所→2011年に東京中央支店へ統合
  • 八丈島:浜松町支店八丈島特別出張所(895)

なお富士銀行時代には小笠原諸島の父島に出納窓口が存在していました