鬼無里と天武天皇(2017.9)

9/2,3で長野県の鬼無里地区に行ってきたのですが、鬼の無い里と意味深な地名ですので調べてみました。今回は天武天皇による遷都伝説について紹介しようと思いますが、鬼無里の地名の由来ともいわれる鬼女伝説もあり各地によって言い伝えが異なっており調べ始めると非常に多岐にわたる伝承のようですので割愛します。

鬼無里は戸隠と白馬の中間地点に位置する鬼無里盆地を中心とした地区で、主に戸隠方面からの長野県道38号(戸隠往来)と国道406号(鬼無里街道)の交差点が中心街となっています。倶利伽羅峠へ向かう木曽義仲が通ったとされる古くからの古道で、山に囲まれた小さな山村でありながら交通の要衝で江戸時代には関所も設置されていました。

f:id:Account709:20170906154730j:plainさて、本題とも言える遷都伝説についてです。天武天皇(673~686年在位)が飛鳥浄御原宮から信州への遷都を計画していました。各地を巡った使者は水無瀬(今の鬼無里)が遷都に適した場所であるという報告をしました。しかし以前より水無瀬に住んでいた鬼は住処を失うことを恐れたため一晩のうちに山(一夜山)を築き遷都に適さぬ土地へと変えてしまいました。そのことを知った天武天皇阿倍比羅夫を派遣して鬼を退治しましたことで、地名が鬼の無い里となったようです。

f:id:Account709:20170906154931j:plain

飛鳥(現在の奈良県明日香村)から信州北部への遷都は突拍子もない話のようではありますが、伝説には裏付けがあります。東京(ひがしきょう)と西京(にしきょう)の地名が今でも残っており、東京には加茂神社(賀茂神社)、西京には春日神社が祀られています。賀茂神は平安京春日大社平城京を護る神社であることは有名ですよね。葵祭(賀茂神社)・春日祭(春日大社)・石清水祭(石清水八幡宮)は三勅祭と呼ばれ、天皇の勅使が派遣される皇室と深い関係にある神社です

賀茂神社:京都で最古の神社で平安京の鬼門に位置しています。平安京遷都の際には遷都成功の祈願が行われており、平安京よりも古い歴史があります。

春日神社:710年に平城京遷都の際に鹿島神:武甕槌命(たけみかづちのみこと)を三笠山に祀ったことを起源としており、神社としての成立は768年となっています。春日大社の呼称は昭和21年からと比較的最近のようです。

f:id:Account709:20170906154747j:plain

天武天皇天皇が代わるたびの遷都ではなく、都市計画に基づく永続的な都を目指し、藤原京として造営(完成は持統天皇の代)しました。また、複都制として683年に難波京(難波宮を引継)を設置し、翌684年に信濃へ使者を派遣したこと自体は記録として残っています。

f:id:Account709:20170906154810j:plain

現代において「鬼の存在について本当なのか?」という事について疑う人は少ないと思いますが、「これらの話の全てが創作なのか?」と問われれば必ずしも同意できないような1000年の時を越えて伝わる地名に関する伝説に浪漫を感じました。