滑川温泉福島屋(2017.7)

7月中旬に五連休を設定して東北を巡ってみました。その記録は追って公開する予定ですが、今回は滑川温泉福島屋に関してです。

国道13号線(万世大路)板谷峠の県境付近から約10kmほど南西に進んだところにあります。板谷駅周辺の小さな集落を過ぎると民家等は全く存在せず、約4kmほど離れた峠駅が最も近い外界といったところでしょうか。

f:id:Account709:20170810094229j:plain

 滑川温泉温泉は1742年(文明8年)に斎藤盛房が川で足を滑らせ転倒した際、その時の石が温かかったことで温泉が発見されたそうです。1763年(宝暦13年)に笹木正直(初代当主)が米沢藩の許可を得て開湯しました。

f:id:Account709:20170810094306j:plain

自動車でアクセスできるとはいえ、かなりの山奥に位置しているおり電力会社の送電を受けることができないため、旅館の目の前を流れる前川に自家製の18kWの水力発電機(一般家庭7軒分の電力量に相当)を設置することによって電力を確保しています。テレビは仙台の各局が写りますし、NTTdocomoのLTEFOMAも若干強度が弱いですが携帯電話も問題なく通信や通話ができます。道路も舗装されていますが、所々で狭い箇所がありますが100mくらい後退すれば行き違いも可能です。

f:id:Account709:20170810094334j:plain

今回の訪問は行程の都合で湯治宿らしくゆっくりとした時間を過ごすことができませんでした。近くには1941~1970年に採掘された渇鉄を産出した滑川鉱山*の跡地があるようですし、併せて再訪問したいと思える温泉宿でした。

 *滑川鉱山は含有率53%を誇る高品質な鉱山で、戦中は軍需資源として開発され、戦後も東北屈指の鉄鉱山として名を馳せ復興を支えました。一日あたり約100トンの取扱量があり、峠駅までは索道、峠駅から東新潟港までは鉄路、東新潟港から北九州までは海路にて八幡製鐵所まで運んだようです。