読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京急バス海35系統(2017.1)

海35系統は三崎東岡⇔三浦海岸を結ぶ路線で、東京湾(浦賀水道)・相模湾・キャベツ畑・大根畑といった三浦半島を代表する景色を全てを車窓に含む約50分の路線です。城ヶ島猿島のついでに書こうかなと思っていましたが、本当に景色が良かったので単独記事にすることにしました。 

f:id:Account709:20170127000519j:plain

三浦海岸駅を発車すると直ぐに神奈川県道215号(上宮田金田三崎港線)へ向かい、浦賀水道と対岸の房総半島を望みつつ入り組んだ海岸線を進みます。景色もよく交通量も比較的少ないのでサイクリングでも人気の道路ですね。

f:id:Account709:20170127000833j:plain

バスは毘沙門バイパスではなく、三浦七福神の第二番である慈雲寺のある毘沙門地区を経由します。行き違いできないほど狭い道路を進みますが、こうした生活感のある道路を進むことも路線バスの旅の魅力です。なお、この区間を通るため海35系統は大型車(約11m)ではなく中型車(全長約9m)での運行となっています。

f:id:Account709:20170127000602j:plain

岩堂山の坂を登りきるとキャベツ畑・大根畑・相模湾伊豆大島伊豆半島・箱根・富士山・丹沢山地の広がる景色へと変わります。

路線バスでの移動は効率の良いとはいえませんが、自動車や列車だと気付かずに通過してしまうような生活や歴史の雰囲気を身近に感じることができると思います。