田代島(2016.3)

自分一人で溜め込んでも仕方がないので、ブログという形で細々と世の中に発信していこうと思います。自己満足の粋ではありますが、誰かの検索に偶然ヒットして、結果として何かしらの役に立つ機会があれば幸いです。

さて本題。田代島への訪問は2011年7月、2012年8月、そして今年で三度目になります。特に2011年は震災から約4ヶ月後ということで、ある程度の応急処置は済んでいましたが石巻市の沿岸部は壊滅的な被害を受けており石巻工業港からの発着でした。田代島においては人的被害は少なかったものの、港湾施設や主産業である牡蠣の養殖への被害は甚大だったようです。

石巻駅からは旧北上川沿いに歩いて約30分で網地島ラインの発着する港に着きます。ちなみに日和山を越えるルートは距離上だと近道になりますが、登りに時間がかかるので時間短縮効果は全くありません(経験談)。 

f:id:Account709:20160714182825j:plain

@EF200mm f/2.8

田代島には大泊と仁斗田の2つの港がありますが、人と猫が多いのは仁斗田です。小さな島とはいえ両集落を歩くと40分くらいかかります。主に猫がいるのは仁斗田の港・集落全体・マンガアイランドです。

f:id:Account709:20160714182832j:plain

@SIGMA 50mm f/1.4

田代島の猫は飼い猫と野良猫の中間に位置するいわゆる地域猫なので、逃げてしまう猫もいれば近付いてくる猫もいます。何れにせよ人間には慣れている印象です。

f:id:Account709:20160714182847j:plain

@EF200mm f/2.8

そういえば茶トラ猫がいないと思ったので調べてみました。予備知識がないこともありハッキリとした答えは見つかりませんでしたが、概ね下記のような理由みたいです。

  • 白や黒の猫は厳しい環境にも耐えられる
  • オレンジ遺伝子を持つ個体がいない

f:id:Account709:20160714183841j:plain

地震の直接的な被害を受けていなくても、震災によって変わったもの、変わらなかったもの、守ることができたもの、何かしら人それぞれに思うところがあるのではないでしょうか。