静岡市葵区井川地区(2017.3)

三連休を利用して大井川鐵道飯田線を巡ってみましたので、何回かに分けて紹介しようと思います。今回は大井川鐵道乗車前の井川地区についてまとめてみました。

f:id:Account709:20170321180636j:plain

静岡から井川へのアクセス方法は大井川鐵道しかないと思っていましたが、静岡駅からバスと自主運行バスを乗り継ぐルートでもアクセスできるようなのでバスで向かうこととしました。「自主運行バス」という言葉は聞き慣れませんが、路線バスの廃止で公共交通機関の確保が困難となった地域において、地域住民で組織するバス運行協議会により運行されている路線バスのことです。要するに路線バスと同様に誰でも乗車できるバスですが、その運行の目的は地域住民の生活交通を確保することですので地域住民が優先されます。

井川村は大井川の源流に位置していますが、安倍郡(安倍川流域)であったことを教えてもらったので調べてみました。井川地区は下流の街との交流は接阻峡が障害となったため、静岡方面との交流があり安倍郡となりました。笠張峠→富士見峠(静岡県道189号→静岡県道60号)経由もしくは大日峠(静岡県道27号)経由で静岡方面へと向かう必要があります。いわゆる平成の大合併で編入したものだと思っていましたが、1969年11月1日に静岡市へと編入しています。

f:id:Account709:20170321180646j:plain

 寸又峡の夢の吊橋が有名ですが、井川にも同名の吊橋が架設されています。全長は約80mで高さは30mあります。

f:id:Account709:20170321180653j:plain

元々はダム建設の貨物輸送を目的とされた大井川鐵道井川線ですが、現在の終点の井川よりも先に堂平駅があります。1971年まで貨物輸送が行われ、書類上は休止路線ですが事実上の廃線となっている井川駅〜堂平駅(約1km)の区間は遊歩道として活用され線路そのままで開放されています。

f:id:Account709:20170321180703j:plain

  • 新静岡07:39→横沢08:55 1150円
  • 横沢09:15→井川中学校10:26 700円
  • 井川中学校→夢の吊橋→廃線小路→井川駅 所要時間約45分

次記事へ続く

岩櫃城温泉(2017.3)

東吾妻町にある岩櫃城温泉に行ってきました。特に思い入れがあるわけではありませんが、建物が天守閣を模したデザインになっており草津に行く車窓から気になってはいました。そんな岩櫃城温泉が3月末で閉館するとのことなので行ってみることにしました。

f:id:Account709:20170309164256j:plain

東京から高崎方面へは高崎線(上越線)が最も速くて本数もある一般的なルートですが、何度も往復しているので、今回は東武東上線八高線経由で高崎へと向かってみることにしました。高崎線中山道であることに対して、東武東上線は川越街道と児玉街道の歴史があります。 

f:id:Account709:20170309164317j:plain

朝の混雑する池袋方面とは対象的に池袋発車時点から空席の目立つ車内で小川町を目指します。小川町までは10両編成のいわゆる通勤電車ですが、小川町以北はワンマン列車となり雰囲気が一変します。寄居でJR八高線へと乗換、さらに高崎で乗換、目的地である群馬原町駅に到着。 

f:id:Account709:20170309164333j:plain

ところで岩櫃城温泉の名前のもとになっている岩櫃山の名前の由来ですが、源頼朝浅間山へ狩りへ行く途中に山を見て櫃に似ていると言ったからだそうです。おそらくですが、岩櫃といえば真田信幸や真田信繁を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?(途中までしか読んだことがないのですが…)池波正太郎の「真田太平記」に登場する真田昌幸の地炉ノ間があったのが岩櫃城です。 *岩櫃城温泉は天守閣を模した建物ですが、歴史上の岩櫃城とは何の関係もないデザインです。 

f:id:Account709:20170309164349j:plain

岩櫃城温泉くつろぎの館は2017年3月31日を以て閉館します。

  • 泉質:単純硫黄泉
  • 泉温:33.9℃・pH6.5
  • 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛など

大谷地下採掘場(2017.2)

小山から桐生を経由し渡良瀬川沿いに北上して足尾銅山足尾銅山から細尾峠を越えて日光経由で大谷、大谷から小山に戻るルートで小旅行しました。足尾銅山では松木渓谷を歩いてみる予定でしたが、天気が悪く断念しましたので大谷地下採掘場のみの記事とします。

f:id:Account709:20170301203139j:plain

一人の職人が切り出せる石材の量は一日あたり12本前後で、1950年前半に機械化が検討されましたが当時は不況下で機械化するよりも人件費のほうがやすかったため見送られました。1950年後半に機械化が始まり、1960年に全ての採掘場で機械化が完了し約2倍の生産量になったようです。

f:id:Account709:20170301203147j:plain

戦中は航空機製造の秘密の地下工場として活用され、終戦後は米の保管庫として活用されました。1979年より一般公開され音楽や芸術イベントが開催されるようになります。 

f:id:Account709:20170301203155j:plain

地下の巨大空間という非日常的な雰囲気は十分でしたが、過去に使われたMVや映画などに撮影に使われましたという宣伝がうるさく、照明や展示にも統一感がない点は残念に思います。

峰集落(2017.1)

今回は奥多摩の廃村である峰集落に行ってみました。奥多摩は東京都心より電車で約2時間とアクセスも良く、また歴史も古いため様々な伝説や遺構がある地域です。峰集落は鳩ノ巣駅より約1時間ほど山道を進んだ場所にあり、登山道を外れてから進む距離も約約15分ほどですので安心です。

*簡単に歴史を調べてみましたが、詳細が分かっていない部分が多いため(?)としている箇所が幾つかあります。

峰集落は秩父(?)より1420年(?)に入植が始まったとされており、材木・木炭の製造、狩猟を生業とする7世帯(?)の集落として歴史が始まります。峰・峯・峰平・棚沢峰集落など幾つかの表記がありますが、各文献などに存在が確認されています。

f:id:Account709:20170224014644j:plain1899年(明治32年)に柳田國男がこの地を訪れ、当時の名主であり古里村の村長でもあった福島文長宅に二泊しており、その後の著作である「後狩詞記(のちのかりことばのき)」で紹介されたことで峰集落が有名になりました。住民の離村の詳細は後述しますが、福島文長は1933年に集落を離れています。

f:id:Account709:20170224014654j:plain

昭和初期の最盛期には16世帯(?)の集落となりましたが、1965年(?)に電気が通じたことや安価な輸入木材などにより徐々に住民が減少し、1972年に最後の住民であった福島儀左衛門が去ったことにより峰集落は歴史を閉じることになりました。高度成長期ぐらいまでは林業で生計を立てている山間の集落のほうが裕福な場合が多くあります。

f:id:Account709:20170224020925j:plain

現在では集落は全て解体されていますが、日天(にちてん)神社だけは今でも残っており大切に管理されています。

EOS5D買いました

EOS40Dを長らく借りていましたが、そろそろ返さないとなぁと思ったので後継機としてEOS5Dを購入しました。購入といっても趣味に何十万円とお金をかける予定はないので、EOS10D同様に今回も中古での購入です。

f:id:Account709:20170222155646j:plain

デジタル分野における技術革新は日進月歩で、特に高感度撮影においては素子性能と映像処理エンジンが全てですので、フルサイズといえど最新機種には敵いません。今のところ自分の撮影スタイルでは必要が無いので満足しています。

f:id:Account709:20170222155656j:plain

2005年発売機を今になってレビューしても意味がないと思いますので、他のサイト等を参照してもらえればと思います。08年に購入したEOS10Dとは今年で9年の付き合いになりますが、今も動作不良がないので偶に撮影に連れ出す予定です。

f:id:Account709:20170222155714j:plain

  • EOS 5D →購入
  • EOS 40D →返却
  • EOS 10D
  • SAMYANG 8mm f/3.5 Fisheye →売却 
  • EF 16-35mm f/2.8 L USM →購入
  • SIGMA  Art 30mm f/1.4 DC →売却
  • SIGMA 50mm f/1.4 EX
  • EF 70-200mm f/2.8 L USM

EOS5D購入に際してデジタル専用レンズを売却してズームレンズを購入することとしました。10Dの為だけにレンズを置いておいても活用機会が減りますし、持っていても値上がりすることもない(と思われる)レンズなので売却することとしました。

他人のカメラ事情に興味がある人は少ないことは承知ですが、単に言いたいだけですのでご容赦ください。